ポルトガルのトマトの特徴

    • トマト(学名:Solanum Lycopersicum)は南米原産で、15世紀にヨーローッパに上陸し、16世紀にはアジアにも伝わりました。トマトは多種多様な料理に適応するため、トマトは急速に普及し、今日では食品産業と世界中の料理で欠かせない重要な役割を担っています。

 

    • ポルトガルは、土壌、気候、地理的位置に恵まれ、世界最高のトマト適正産地のひとつとして知られています。

 

  • これらの要因が、ポルトガル加工トマトに、高糖度、低酸度、高リコピン含有量、真っ赤な色、強い香りなどの独自の特徴を与えています。